異種族レビュアーズ(4)ゼルの呪文

スタンク:「芳情呪文を強めに掛けてくれ!」

スタンク達は、飛び込むつもりになっていました。

クリム:「あんなところに、入るんですか?」

スタンク:「男には決して引いてはならないときがあるんだ。わかるね?」

クリム:「わかりますが、今は、絶対そのときじゃないと思います。」

スタンク:「よし!行くぞ!お前達!!」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。