五等分の花嫁∬(3)朝だぞ

朝、風太郎に起こされる五月ちゃん。

風太郎:「朝だぞ。起きろ。」

五月:「もう少しだけ。あと5分だけ。」

風太郎:「だめだ。起きろ。」

五月:「いいじゃないですか。はっ!?」

いきなり、がばっと起きる五月ちゃん。やっと、どこにいるか、思い出したようです。

五月:「あの。おはようございます。」

せっかく、早く学校に来たのに、二乃は休みでした。

五月:「二乃のところに行きましょう。」

風太郎:「いまとなっては、それもできない。俺は信じて待つ。」

五月:「朝から変ですよ。何かありました。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。