五等分の花嫁∬(3)二乃と風太郎

風太郎:「昨日、レナと会ってわかったことがある。人が変わっていくのは、避けられない。それを受け入れていかなければな。だから、お前も仲直りして帰ろう。」

二乃:「五年前からみんな、変わっていった。私だけ残して。わたしは、髪の長ささえ、変えられない。」

風太郎は思いました。

風太郎:「これが、俺のすくい取れなかった、二乃の心理か。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。