五等分の花嫁∬(3)その夜の・・

その夜の晩御飯。また五月がご飯食べにきています。

五月:「二乃が謝罪したって??信じられません。」

風太郎:「本当だって。お前もいつまでも意地はってんじゃねえ。」

五月:「二乃のところで、なにを?二乃とは気がう訳ではありません。こないだ、映画を見に行ったときも・・・・」

————————————————–

五月:「あの映画、怖かった。」

二乃:「それより、あの予告編、面白そうだったわね。」

五月:「生命の起源・・」

二乃:「恋のサマーバケーション」


五月:「というふうに、昔に比べて、好みが変わってしまったのです。」

風太郎:「俺はどちらも診ようと思わない。」

広告

One Reply to “五等分の花嫁∬(3)その夜の・・”

  1. 五月ちゃん、いつも上杉家でご飯を食べてますが、風太郎と結婚するのは、違うんです

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。