学園黙示録HSOD(2)お父さん

麗は、公安警察官の父親に電話することにしました。

麗:「普段は絶対使ってはいけない秘密の番号を知ってるの。」

父:「もしもし。この番号は・・・孝君か?麗から番号を聞いたんだな?」

麗:「お父さん!あたしの声、聞こえないの?」

電話の向こうでは、銃声もします。

父:「街はすでにパニックになっている。いいね?!一刻も早く・・・」

そこで電話は切れてしまいます。

麗:「孝。お父さん、最後まで、私だって気づかなかったよ。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。