学園黙示録HSOD(1)不審者

傷心の孝は、そこにいたせいで、校門の不審者に気づきました。

教師の一人が、その不審者に近づきます。

「林先生。任せてください。」

でも、不審者はゾンビだったのです。教師は噛まれ、ここから校内にゾンビが広がっていきます。

たかし:「やばい・・・」

すぐに、麗のところに来ます。

孝:「逃げるぞ。」

ひさし:「どうした?」

孝:「校門で教師同士で殺しあっている。」

ひさし:「本当なら武器がいるな。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。