戦翼のシグルトリーヴァ(7)敵増援

管制:「敵の増援が、日本中から富士に集まってきます。」

沖田:「全軍、撤退だ!」

園香にめがけて、敵の1機が突っ込んできます。

そのか:「アレス2。」

それは、そのかにとっても先輩の 神宮寺・晃(じんぐうじ・あきら) の機体でした。

負傷してしまうそのか。


沖田がオーディンに問います。

沖田:「トールとは、一体、なんなんですか?」

オーディン:「答えられん。今は。いずれヴァルハラで。」


そのときピラーの中では、落雷が集中し始めていました。いままで動かなかったトールが動き出したのです。

そしてその雷撃は、人間の基地にいた沖田やオーディンもろとも、吹き飛ばしたのです。

あずず:「この戦い、うち達の完敗だ。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。