アサルトリリィ(4)ユージアとシェンリン

ある雨の日、同室になったユージアとシェンリンは初めて出会いました。

シェンリン:「ワンユージアさん?クヲシェンリンと申します。名高いワン家の方と同室なんて、光栄です。」

この頃のユージアは、自身がなくて引っ込み思案な女の子のようです。

オッドアイのシェンリンとは、タイプが違いますね。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。