五等分の花嫁∬(1)照れる

思い出して思わず顔を見る風太郎ですが、

五月:「こっち、見ないで下さい。」

照れてしまいます。

風太郎:「俺に教わって、どうにかなるのか?平均29.6点。」

五月:「どうにかします!見てください。昔持ってたお守りを引っ張り出してきたんです。」

風太郎:「そういえば、あの娘も同じようなのかってたな。五つも・・・」

あの京都の娘も、五つ買っていたのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。