ド級編隊エグゼロス(11)烈人

きららは、怪我をした烈人を見つけます。彼はお祭りに来る途中、キセイ蟲を見つけ、倒そうとしましたが、ゼロギヤをきららが取り上げたため怪我をしたようです。

きらら:「花火大会の日くらい、じっとしてられないの?せっかく楽しみにしていたのに。」

烈人:「悪い。ゼロギヤないの忘れて止めに入ったのがまずかった。」

キセイ蟲は、花火の打ち上げ場を襲っていました。

烈人:「初めはお前にトラウマを与えたキセイ蟲が許せなかったので、戦ってた。でも判ったんだ。俺達は人の恋路を守ってたんじゃないかって。」

きららは、その言葉に、黒きららを呼び出します。

きらら:「あなたにどうしてもエネルギー貯めて欲しいの。」

黒きらら:「身体借りるね。」

そういうと、きららの身体の黒きららは、烈人にキスします。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。