ド級編隊エグゼロス(10)髪飾りは・・

烈人が話し始めます。

烈人:「今更恥ずかしいんだけど、その髪飾りは俺があげたものなんだ。俺のプロポーズのプレゼントだった。」

あの日、烈人はきららを呼び出しました。

本当は、結婚と読める手紙で、決闘を読み違えたのだと言って、おちょくり返すのが目的でした。でも、そのときのきららは、いつもと全然違って、物凄く素直だったのです。

きらら:「まあ、れっくんがそういうなら。だけど、婚約ならまだしも結婚は早いかな。・・なんて。」

烈人は、きららが素直に喜ぶ姿を見て、

烈人:「あれ?なんだ?この空気。あの星乃のことだ。これで済むはずが無い。」

そういうと、誕生日のプレゼント(あの、髪飾り)に手紙をつけて送ります。

きらら:「ありがとう。大切にする。」

目をきらきらさせて、きららが喜びます。

烈人:「俺の負けだ。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。