ド級編隊エグゼロス(10)れっとときらら3

きららが切り出します。

きらら:「ねえ。炎城、もしかして、この髪飾りのこと、なにか知ってるんじゃない?あたし、キセイ蟲に襲われた頃の記憶があいまいで。思い出せなくて。なにか、隠しているなら、教えなさいよ。」

きらら:「お願い。教えて。」

烈人の手を握ってお願いするきららに、烈人も話す気になりました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。