ド級編隊エグゼロス(10)きららと紫子

紫子:「お前のせいで、炎城と別の班になってしまった。」

きらら:「うるさいわね。そもそも、あなたがチームわけしようなんて、言い始めたんでしょう?」

紫子:「お前だって、内心、ミスったと思ってるじゃないか。」

きらら:「なんのことかな?」

ふたり:「はああ。」

とため息をつきます。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。