アサルトリリィ(2)ミリアム登場

楓:「ミリアムさん。何をしにここへ?」

ミリアム:「チャームの調整じゃ。」

彼女は”じゃ”が語尾につきます。訛りですね。

梨璃:「チャームをいじれるんですか?」

ミリアム:「もちろんじゃ。わしは工廠科じゃからな。普段からチャームを側に置くことで、持ち主のマギを覚えるのじゃ。リリィにとって身体の一部となる。」

ミリアム:「チャームのことをもっと知りたかったら、工廠科に行ってみたらどうじゃ?」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。