ド級編隊エグゼロス(7)ごめんね

もえな:「ごめんね。紫子ちゃん。あたしじゃ、相手にならなかったよ。」

紫子:「こいつ。まるで別人だ。」

紫子:「この身体の火照り。どれくらいぶりだろう?」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。