ULTRAMAN(7)街中

いつか異星人の街で見た、怪獣のような異星人が、渋谷の街中に現れた。偶然遭遇した進次郎は、止めにかかる。

進次郎:「なめんなよ。この、でっかい異星人め。」

井出:「そいつは、抹殺対象の異星人だ。普段から監視はつけていたんだが、突然の暴走を止められなかった。処分してほしい。」

進次郎:「処分?!」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。