ド級編隊エグゼロス(4)天空時

天空時:「わかってるけど、好きで。気づいたら自分でも描く様になってて。こんなもん、ばれたら絶対笑われる。」

きらら:「そんなことない。誰にだって、人に言えない過去や趣味の一つはあるから。私にもそういう経験あるから。無理にやめる理由は無いわ。自分で言えるようになるまで、誰にも言わないから。約束する。」

天空時:「そらの一番恥ずかしいもの見たからには、きららちゃんの恥ずかしいものも見せてもらう。」

そうして、きららのヌードをスケッチすることになったのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。