ド級編隊エグゼロス(2)あんたん家

きららは、基地に同居することになりました。

きらら:「よろしくお願いします。」

ももか:「いやあ、よかった、良かった。」

そら:「所詮、類は友を呼ぶだね。」

舞姫:「そういうこと、言わないの。そらちゃん。」

ももか:「ここの案内はうちらがするから。」

一人になったれっと君は考えます。

れっと:「まさか、星乃がエグゼロスに入るとは。。ということは、俺、今日から、好きな人と住むってことか?」

そこへ、緊急警報が流れます。

警報:「市街地に大型キセイ蟲が出現。」

出動命令が出たとたん、れっと君の部屋の畳が開いて、シュータのようになりました。

れっと:「えっ!?」

・・この行き先は、もしかして・・・・

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。