魔法学院の不適合者(1)世話が焼ける

アノス:「全く。世話が焼ける奴らだ。わが同胞は、2000年の間に、すっかり弱体化したようだな。強くなったら、また来い。相手してやる。」

「貴様一体、何者だ?」

アノス:「よく聞け!愛しき子孫度も。お前たちの始祖は帰ってきた。俺こそが暴虐の魔王 アノス・ボルディゴードだ。」

広告

One Reply to “魔法学院の不適合者(1)世話が焼ける”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。