ド級編隊エグゼロス(1)雲母(きらら)

男子:「星乃雲母。超潔癖+見た目が良いせいで、足元には男子の屍ゴロゴロ。烈人もせっかくの幼馴染があんなだと、夢も希望も無いな。」

烈人:「まあな。」

女子:「それにしても、雲母、かわったよね。昔は男子と遊ぶ方が多かったのに。」

烈人:「そう。星乃はある日を境に変わった。」

それは、あの大人の恋人繋ぎをした日だったのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。