ド級編隊エグゼロス(1)知った口きかないで

烈人:「星乃は星乃なんだし、周りは気にするなよ。」

雲母:「なにそれ?私が変わったような。何も知らないくせに、ちょっと幼馴染だからって、知った口利かないで!!!」

その直後、雲母は階段で足を滑らせました。烈人は思わず、雲母を守るため手を出しますが、潔癖症の雲母に対し、明らかにラッキースケベ状態となったのです。

巨乳を握り締め、スカートは完全めくれ・・・・

広告

One Reply to “ド級編隊エグゼロス(1)知った口きかないで”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。