ド級編隊エグゼロス(1)烈人(れっと)と雲母(きらら)

あれから5年がたち、烈人はかっこいい高校生になっていました。すけべですが。そうして、友達とグラビアを見ているのです。

烈人:「学校でこういう話は・・・」

そして、雲母(きらら)はというと、綺麗になっていましたが、男と触れるのさえ嫌がるようになっていました。

雲母:「いい加減にしなさい。回りの女の子が嫌がっているの、判らないの?下品な話は、トイレでするのがお似合いよ。」

友達:「さすが、アイアンメイデン 星乃雲母(きらら)。男子どころか。男子が触ったものさえ、素手では触らない。」

烈人は、寂しそうに見るだけです。何があったんでしょうか?

第一話は、それが判明して、烈人と雲母の中が戻るところまでです。

(^_^)

広告

One Reply to “ド級編隊エグゼロス(1)烈人(れっと)と雲母(きらら)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。