ヘヴィーオブジェクト(15)おほほの正体

おほほ:「センサーに誤差が出ています。チェックしてください。」

整備隊長:「ファロリート中佐からのメニューには入っていません。勝手にやると、軍法会議にかけられます。」

おほほ:「頭が固いわね。では、わたしがやります。」

そういうと操縦席からオブジェクト内の通路をOPENにしました。そこをクエンサーは見逃さないで、ラッシュの操縦席に入り込むことに成功します。

クエンサー:「失礼。マドモアゼル。おとなしく、言うことを聞いてください。」

おほほ:「ご心配なさらず。こちらから招こうと思っていました。」

クエンサー:「嘘だろ!」

そこにいた「おほほ」は、Gカップの美女ではなく、小学生高学年くらいの女の子だったのです。

広告

One Reply to “ヘヴィーオブジェクト(15)おほほの正体”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。