ヘヴィーオブジェクト(14)罠2

一方、現場はというと、ベイビーマグナムも破壊はまぬがれたものの、埋まっていました。

クエンサー:「大丈夫か?」

ミランダ:「足元をやられて身動きできない。そのせいでカウントダウンも始まっている。」

クエンサー:「自爆装置の?」

ミランダ:「うん。コマンドキャンセルの努力をしているけど・・・。多分タイプB。エリートを射出して、本体は遠隔操作で爆発するモードに入ると思う。でもクエンサー。ここのオブジェクトを失うと、皆に大きな負担がかかる。」

クエンサー:「お姫様が気にすることじゃない。とにかく、一度ここを離れよう。射出ポイントはわかるか?」

そこで、クエンサーがまた気づきます。

クエンサー:「なんだ、あれ?甲鉄の網?射出口が塞がれている!!!」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。