落第騎士の英雄譚(3)クレープ屋

クレープ屋で食べているとき、一輝が気づきます。

一輝:「珠雫。せっかく綺麗な格好しているのに、クリームがほっぺについている。」

そういうと、手で取って、舐めます。

こんなことしたら、ステラが黙っていない・・・と思ったら、案の定、

ステラ:「なに?あたしの顔に、なんか付いてる?」

一輝:「ついてないと思っていることが、驚きだよ!」

ステラ:「珠雫にしたみたいに、取ってくれてもいいのよ?」

物凄く残念なお姫様になってしまったステラちゃんです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。