ヴァイオレット・エヴァーガーデン(13)自動手記人形と「愛してる」

戦後復活した航空祭で、みんなの思いが書かれた手紙がばら撒かれます。

そしてヴァイオレットの少佐に宛てた手紙も。

バイオレット:「親愛なるギルベルト少佐。お元気ですか?お変わりないですか?今、どこにいらっしゃいますか?困ったことはありませんか?春も夏も秋も冬も、いくつも季節が過ぎましたが、少佐がいらっしゃる季節だけ巡ってきません。わたし、最初はわかりませんでした。少佐のお気持ちが、何ひとつわかりませんでした。でも少佐に頂いた新しい人生のなかで少しだけですが、感じることができるようになったのです。代筆を通して、出会った方達を通して。私は信じています。少佐がどこかでいきていらっしゃることを。だから、わたしも生きて、いきて、ただ生きて。また会えたらこう伝えたいのです。わたしは今、愛してるも、少しは判るのです。」


翌朝、ホッジンズ社長が呼びに来ます。

ホッジンズ:「ヴァイオレットちゃん。お客様がお待ちだよ。」

ヴァイオレット:「今、行きます。」

【終わり】

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。