落第騎士の英雄譚(1)開始

ステラ:「いい判断ね。あたしのドラゴンブレスは摂氏3000度。まともに受けたら唯ではすまない。」

ステラ:「私の剣を受け流している?たいしたもんだわ。」

一輝:「いや、ステラさんの剣も凄い。才能だけでなく、凄い努力を感じる。」

そこまでステラの剣を読み取れた者は、今までいませんでした。だから、ステラは驚きの表情をしています。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。