終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(11)ヴィレム

船に戻ったものの、クトリの意識はなかった。

ヴィレム:「俺はこれまで、誰も幸せにして来れなかった。せめて、お前のことは幸せにしたかった。なのに、どうしてこうなっちまうんだ?」

その部屋の外では、

グリック:「お嬢ちゃん。」

ネフレン:「二人のそばにいるだけ。」

グリック:「あいつらも、心強いだろう。すまねえ。連れ戻すのが精一杯だった。」

ネフレン:「きっと、誰が悪いわけでも、間違えたわけでもない。みんな、一生懸命なだけ。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。