ヘヴィーオブジェクト(12)撤退

フローレイティア:「我々は交戦能力を失ったわ。撤退よ。立てる?」

捻挫しているクエンサーに、フローレイティアは方を貸してくれます。

ベイビーマグナムは、衛星から逃れるため、破損したドームに退避していました。

ヘイヴィア:「今の雲の位置から考えて、そこなら安全だ。次のチャフ発射まで、そこに隠れていてくれ。」

ミリンダ:「クエンサーは無事なの?」

ヘイヴィア:「さっきから呼び出してるんだけど、つながんない。」

そこへブライトホッパーの残存部隊から協力要請が入る。でも、それはダムを破壊して、一帯を水没させる作戦だったため、ヘイヴィアは反対する。

ヘイヴィア:「下流の民が、万単位で影響を受けるんだぞ。」

残存部隊:「許容範囲です。彼らは正統王国の民ではありませんから。我々はなんとしても、作戦を決行します。以上。」

なんとも酷い戦略です。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。