終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(11)ポスター

ヴィレムとクトリは、壁に貼ってあるポスター?を見ていました。

グレック:「わりい、わりい。遅くなった。」

クトリ:「これは?」

グレック:「それは、星神 エルク・ハルクステンの軍勢だ。当時はまだ神様がいてな。人間を滅ぼそうと攻めてきたそうだ。」

グレック:「上からカーマインレイク。その下がジェイドネイル。それと・・・・えーっと。。」

ヴィレム:「イーボンキャンドルだろ?」

グレック:「あー。それだ、それだ。さすがにお前は覚えてたか。」

ヴィレム:「まあ、直接戦った相手だからな。」

グレック:「お前、いくらなんでも、盛りすぎだろう?」

ヴィレム:「そういや、俺らが相打ちになった後の戦況、あいつらに詳しく聞いとけばよかったな。」

500年前なので、伝説か神話の世界になっているのでした。グレックもクトリも、ヴィレムが真実を話しているとは、夢にも思いません。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。