乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(7)佐々木敦子

カタリナの前世の親友。佐々木敦子との出会いです。

転校生だった敦子は、ある日、木から落ちてきたカタリナとぶつかります。

カタリナ:「ごめんなさい。お尻で人を殺してしまうなんて。」

敦子:「私は大丈夫。あなたに怪我は?」

カタリナ:「私は大丈夫。」

カタリナの当時の名前が出てこないのと、顔が描かれません。なぜでしょう?

カタリナ:「佐々木敦子さんでしょ?同じクラスの。」

それから二人は仲良くなって、毎日楽しかったようです。

敦子:「秘蔵の乙女ゲームを、存分にやらせてあげるから、受験勉強がんばろうね。」

そうして、二人は同じ高校に合格し、

敦子:「今日、家に寄ってく?」

カタリナ:「今日は帰るよ。今日中に、腹黒どS王子を攻略したいんだよね。また明日!」

そう言って分かれた翌日の朝、カタリナは交通事故で死んだのです。

広告

One Reply to “乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(7)佐々木敦子”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。