乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(6)記憶

夏休みの宿題を片付けていたカタリナはつい、寝てしまいます。そこは、前世の記憶で、親友の佐々木敦子と話していました。

敦子:「フォーチュン・ラバーは、どこまで進んだ?」

カタリナ:「腹黒どS王子は、なかなか難しくて。カタリナの邪魔がすごいんだよね。」

敦子:「私は全部クリアしちゃった。でも、すっごく大変なルートがあってね。」

カタリナ:「ネタバレ禁止。やめて!」

と、目が覚めると、朝になっていて、夏休みの宿題はできていなかったというオチです。(^_^)

それにしても、敦子の髪を白く、目を赤くすると、ソフィアになりますね。

広告

One Reply to “乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(6)記憶”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。