ヘヴィーオブジェクト(9)観測所

南極にある敵の観測所を見つけたクエンサーとヘイヴィア。

クエンサー:「あったかいな。」

ヘイヴィア:「温泉がある。あとは美女さえいれば。。。」

と言ったとたん、雪の下から砲が登場した。

クエンサー:「オブジェクトに搭載するレールガンだ。ここには、あれを動かせる動力炉があるってことだ。」

ヘイヴィア:「敵はオブジェクトもってるのか?」

ミリンダ:「安心して。それらしき影はない。」

暑くて、ブラだけのミリンダが援護をしてくれることになったのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。