終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(9)出発

いよいよ、救助隊の出発の日です。

クトリ:「行ってきます。」

とはいうものの、

クトリ:「ゆっくりと、記憶が欠けて行く。人格がこぼれていく。」

アイセア:「約束っすよ。無理はしないって。」

でも、クトリは子供達のことが、半分以上わからなくなっています。

クトリ:「この壊れかけの自分は、クトリと呼べるの?」

クトリは妖精倉庫には戻って来れません。ヴィレムやネフレンも、これがみんなとの別れになります。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。