終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(8)事故

そこで事故が起きます。屋上の柱に登っていた子供が、落ちたのです。

ヴィレム:「間に合え!」

ヴィレムが勇者の力で、瞬間移動を試みますが、遅れて門の力を発動させたクトリが一気に追い抜き、間一髪、間に合います。

ヴィレム:「クトリ!」

クトリ:「そんな、泣きそうな声ださないの!大人でしょ!」

でもクトリは能力を使用したため、目の色が侵食を表していました。

ヴィレム:「クトリ!お前はもうレプラカーンじゃないんだぞ!」

クトリ:「それは君も同じでしょう?私は平気。」

しかし、子供とお風呂に入っているとき気づきます。侵食が進んで髪が赤くなっています。それはまるで、

クトリ:「エルク。」

そう、エルクになりかかっていました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。