乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(4)生徒会

成績優秀者が生徒会役員になるのですが、友人全員が生徒会役員になったカタリナは、なぜか入り浸るようになっています。

生徒会長のシリウスにお茶を入れて貰ってます。(^_^)

カタリナ:「お茶まで頂いてすみません。お仕事の邪魔では有りませんか?」

シリウス:「いえいえ。そんなことはありませんよ。」

マリア:「クラエス様。どうそ召し上がってください。」

とクッキーを出してくれるマリアに対し、

クラエス:「(マリアちゃん。優しくて、凄くいい娘!)そういえば、マリアちゃんは、お菓子作ってこないの?」

マリア:「えっ!?どうして、わたしがお菓子を作ることをしってらっしゃるのですか?」」

カタリナは、ゲームで知ってたので、つい口を滑らせてしまいました。それにしても、自分の破滅フラグを持つマリアに、メロメロというのは、カタリナ、危機感がないというか・・・・

※あと、マリアの声は早見沙織さんですが、この方は清純キャラの声として、やっぱりトップクラスですね。大好きです。キャラとしては、ヒナ・リャザン(バディ・コンプレックス)あたりが特に好きですが。

広告

One Reply to “乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(4)生徒会”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。