終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(3)メンテナンス

クトリ:「綺麗な演奏。この光って、なに?」

ヴィレム:「タリスマンの輝きだ。雑多なタリスマンを剣の形に封じ込めたものだ。」

クトリ:「さっき一位武官と話してきた。戦闘当日まで、わたしがその気になったら、妖精郷の門は開かなくていいって。わたしの覚悟と伸び代に15番島の浮沈をかけるって。」

ヴィレム:「そうか・・」

クトリ:「あたし、強くなれる?」

ヴィレム:「嫌だといっても、そうする。」

クトリは微笑みました。

広告

One Reply to “終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(3)メンテナンス”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。