乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(3)

エメラルド王女とソフィアのロマンス小説に御執心のカタリナですが、貴族社会では下世話とされているため、共に語り合う友人がいません。

カタリナ:「前世では、漫画・アニメにどっぷりだったから、物語に飢えていたのよ。」

そんなとき、ジオルドとアランの御茶会に招待されました。

カタリナ:「きっと沢山の人が来る。その中には、同じ趣味の人がいるかも・・・」

カタリナは友人を探す決意を固めます。ここで見つけるのが前世でも親友だったソフィアですね。本人達は知りませんが・・・(^_^)

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。