終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(1)

28番街のグルムジャル市にやってきたヴィレムは、猫を追っていた青い髪の少女、クトリと出会います。上階から落下したクトリを、ヴィレムが受け止めてくれたのです。

人々:「印なしか!?ここから出て行け!!」

ここは獣人の街であり、人間の形をした人々は忌み嫌われていました。

ヴィレムは、クトリが獣人でないことを隠すために、帽子を買ってくれました。

クトリは街の一番高いところから、浮遊島を見るために来たのでした。ヴィレムはそれに付き合います。

クトリ:「今日はありがとう。最後に良い思い出になった。最後に、私のことは忘れてくれると嬉しいかな。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。