ヴァイオレット・エヴァーガーデン(11)エイダン

エイダン:「手紙を書いてくれないか?もうすぐ死にそうだから。頼むよ。」

ヴァイオレットはタイプを持ってきていませんので、指で覚えます。

エイダンは、両親とマリヤに手紙を依頼します。

エイデン:「マリヤ。帰りたい。君のところに。」

エイデン:「ヴァイオレット。俺の手紙、お願い。助けてくれてありがとう。俺に触れて。父さん、母さん、マリヤ。」

そう言うと息絶えました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。