ヴァイオレット・エヴァーガーデン(9)瓦礫

ヴァイオレットは、あの最終決戦のインテンスへ来て、瓦礫を掘っています。そこへやってくるホッジンズ。

ホッジンズ:「ここだと思ったよ。あれは酷い戦いだった。」

ヴァイオレット:「入院している間、どなたに伺っても、少佐はご無事だと・・」

ホッジンズ:「言えなかったんだよ。君は自分のことより、あいつの身を案じてばかりいて。行こう。ヴァイオレットちゃん。会社に戻ろう。君が一緒に戻ってくれるまで、俺もここにいる。あいつに、君を託されたんだ。」

回想/ギルベルト少佐:「もし、わたしになにかあったら、ヴァイオレットを頼む。戦争が終結したら、ライデンのエヴァーガーデン家まで、あの娘を送り届けてやってくれ。頼むよ。」

ホッジンズ:「あいつは、君を戦う道具とは思っていなかった。一人の女の子の君の将来を案じていたんだ。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。