ヴァイオレット・エヴァーガーデン(8)出会い

ヴァイオレットとギルベルト少佐のであったときの話です。


ギルベルト少佐は、兄のディートフリート大佐に、名前の無い傭兵の少女と引き合わされます。

大佐:「そいつは子供じゃない。ただの武器だ。」

ギルベルト少佐:「わかった。この子は引き取る。」


現在。海軍省前。

ヴァイオレット:「急ぎ、ブーゲンビリア大佐に確認したいことがります。」

止めようとした兵士は、一瞬で投げ飛ばされました。

大佐:「(兵士に向かって)下がれ。死にたくなければ。(ヴァイオレットに向かって)お前は、ここで何をしている?」

ヴァイオレット:「大佐。」

大佐:「やはり武器は武器か!」

ヴァイオレット:「大佐。ギルベルト少佐が未帰還というのは事実でしょうか?」

大佐:「知らなかったのか?ギルベルトは、もう・・」

ヴァイオレット:「嘘です!少佐はご無事です。」

大佐:「なんだそれは?あいつにとって、ただの道具であった貴様が、悲しいはずはないだろう?」

昔の大佐
昔の少佐
昔のヴァイオレット
「知らなかったのか?」
広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。