ヴァイオレット・エヴァーガーデン(7)嘘

戻ってきたヴァイオレットは、船を下りて、身元引受人になってくれたギルベルト少佐の親戚の婦人に会いました。

ヴァイオレット:「いつぞやは、大変失礼しました。」

婦人:「あなたが立派になってよかった。浮かばれるわよね。無くなったギルベルトも。」

ヴァイオレット:「えっ?亡くなった??」

ホッジンズのところに戻ったヴァイオレットは、

「生きているとおっしゃいましよね?少佐はご無事なのですよね?」

ホッジンズ:「すまない。どうしても君に言えなかった。辛くても受け入れるんだ。」

ヴァイオレトは、そのまま飛び出してしまいます。

すべてを理解したヴァイオレットでした。

広告

One Reply to “ヴァイオレット・エヴァーガーデン(7)嘘”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。