ヴァイオレット・エヴァーガーデン(7)いいのでしょうか?

オスカーのところからの、帰りの船の中で、ヴァイオレットは自分の立場に気づきます。

大佐:「多くの命を奪ったその手で、人を繋ぐ手紙を書くのか?」

ホッジンズ:「君は燃えあがっていることを、まだ知らない。いつか、俺の言ったことがわかるときが来る。そして、沢山やけどしていることに気づく。」

ヴァイオレット:「少佐。武器として人を殺めてきたわたしが、生きていていいのですか?わたしは、だれかの、いつかきっとを、奪ったのではないですか?その人たちにも、愛する相手がいたのではないですか?自分のしてきたことで、燃え上がっています。」

ヴァイオレットは、ついに理解しました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。