ヴァイオレット・エヴァーガーデン(5)ブーゲンビリア大佐

国に戻ったヴァイオレットを待っていたのは、ディートフリート・ブーゲンビリア海軍大佐。そう、ギルベルト少佐の兄です。

ディートフリート:「うわさには聞いていたが、ほんとうに自動手記人形になったのか。貴様が。俺の仲間を何人も殺し、多くの命を奪ったその手で、人を結ぶ手紙を書くのか?」

広告

One Reply to “ヴァイオレット・エヴァーガーデン(5)ブーゲンビリア大佐”

  1. 大佐が言います。俺の仲間達を殺し、戦場で数え切れないほど殺し、弟を救えなかったお前が、手紙✉️を書くのか?

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。