ダーウィンズゲーム(11)シュカvsワン

ワン:「くそ!よくも俺の脚を。殺す!!!」

シュカ:「そんなあ。殺す!なんて、地面を転がりながら?」

ワン:「まずはあの女の背面2mへ飛び、落下時間で連続とび・・・」

とやったものの、右腕を切り飛ばされます。

シュカ:「あーらら。今度は、自分で、自分の腕を切っちゃったんだあ。このペースだと、すぐ、全部なくなっちゃうよ。」

ワン:「あ?ワイヤー??」

シュカ:「ようやく気づいた?この倉庫はね。予め黒塗りしたワイヤーが張り巡らせてあったんだよ。わたしのシギル、クイーン・オブ・ソーンは、あらゆるひも状の物体を操る。振り回すだけじゃなく、微細な振動を与えることもできる。」

そういうと、ワンをがんじがらめにします。

そう、シュカは電動のこぎりをコントロールしていたんですね。

広告

One Reply to “ダーウィンズゲーム(11)シュカvsワン”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。