乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(1)

カタリナ:「徹夜で乙女ゲームやって、遅刻しそうになって、家を飛び出して、車にはねられて17歳で死んだ。前世の記憶。」

ジオルド:「お加減はいかがですか?」

カタリナ:「もう平気です。」

ジオルド:「すみませんでした。お顔に傷をつけてしまって。」

カタリナ:「いえ、皆様にご心配をおかけして、あやまるのは私のほうです。こんなのかすり傷です。」

といって、おでこの絆創膏をとると、はっきりと傷が残っていました。

ジオルド:「あなたがそう思っても、社交界はそういきません。今後の婚姻にも影響します。

カタリナ:「(社交界ねえ~。)」

ジオルド:「では、改めてご挨拶に参ります。」

カタリナ:「・・・挨拶って??」

そう、傷ものにした責任を取って、ジオルド王子はカタリナと婚約したのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。