境界の彼方(9)

店にやってきた未来がみたものは、倒れている猫又(愛)でした。

未来:「先輩。気がついたんですか?」

———-

その頃、博臣と美月も、別の妖夢と戦っていました。

博臣:「なかなか、手ごわいな。」

美月:「兄貴。気をつけて。」


泉と弥勒も対峙中です。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。