ダーウィンズゲーム(11)クラン戦

シュカ:「あんたキモすぎ。なんで、生まれてきちゃったの?」

ワン:「カナメ君程度に負けてて、無配の女王とは笑わせる。これから俺にも負けるけど。」

シュカ:「カナメは特別だからいいんだもん。あたしの願いもきっと、叶えてくれる。カナメはただの初心者だったのに、あたしとの試合を完全に支配したんだよ。きっと、運命の人なんだ。」

走り出したワンは、次の瞬間、シュカに両足を跳ね飛ばされます。

ワン:「なんだ?こりゃ??」

Aランカー同士の戦いは、一瞬でシュカの勝ちが決まりました。

広告

One Reply to “ダーウィンズゲーム(11)クラン戦”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。