境界の彼方(8)

秋人が悪夢?から目覚めると、名瀬泉が前に座っていました。

秋人:「泉さん。」

泉:「もう少し、休んでいなさい。」

秋人は新堂 彩華の家に運び込まれました。

彩華:「妖夢部分だけやのうて、人間部分も弱ってるんやな。」

未来:「なにか良くなる方法はないんですか?」

彩華:「神原君は半妖やさかいな。見当つかへん。」

愛:「とりあえず、熱で苦しそうなので、もって来ました。」

彩華:「二人は帰りやし。」

未来ちゃんは、心配でたまらないようです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。